シンビジウム

シンビジウムは蘭の一種です。日本においては、洋ランの中では、胡蝶蘭とならんでポピュラーな花で、大型から小型まで様々あるので、多くの人に慕われています。 ただ、日本では耐寒性が弱い為、冬場は室内に入れ日光を当てるなど手間が多少かかるとされています。 しかし、株分けなどによって増やすこともできるので、是非色々な角度からこのシンビジウムを育てて楽しんでみたいと思います。 シンビジウム(すなわちボート・ラン)は、ラン科Orchidaceaeの中の52の常緑の種の種類です。それは、1799年にウロフ・シュオーツによって最初に述べられていました。 名前はギリシャの単語kumbosに由来します、意味「穴、穴。」それは、唇の基礎の形式を指します。 種類は園芸の貿易での略したCymです。コチョウランとともに洋ランのなかでは人気のある品種です。 寒さに弱い洋ランのなかでも、シンビジウムは寒さに強く、温度を10度くらいで保てば花も約二ヶ月以上と長い期間咲かせることができます。 但し長く咲かせすぎてしまうと株が弱ってしまうので、気をつけましょう。とても育てやすく人気のある品種です。シンビジウムの花言葉は「高貴な美人」「飾らない心」「素朴」「熱心」「野心」などです。開花時期は11月から3月あたりです。品種によっては春や夏に咲くものもあります。

シンビジウムを含む蘭の花は、開店・開業・昇進など、お祝い事に贈るのに適している花です。他の花束よりは値段は高めですが、 その見た目の豪華さから贈り物には大変人気の花です。パーティや発表会等、人の集まる華やかな場所に飾られたり、 還暦のお祝いに贈られる場合も多いです。

生息地

この種類は、熱帯・亜熱帯のアジア(インド、中国、日本、マレーシア、フィリピンおよびボルネオ北部のような)およびオーストラリア北部で分配されます。大規模な花で飾られたハイブリッドが由来するより大きな花で飾られた種は、高い高所で成長します。

福岡 税理士事務所
81

害虫と病気

害虫ではアブラムシ・ナメクジ ハダニ・カイガラムシなどの被害があります。市販のナメクジ駆除剤等で早めの対応をしましょう。またモザイクウィルスなど、ウィルス感染は、はさみよなどの器具類によっておこったりもするので、同じはさみを使う場合は消毒して使うようにしましょう。またほかのランにウィルス感染せぬよう、ウィルス感染した花弁などはすばやく処理しましょう。ウィルスはあっという間にひろがりますので早急に対応しましょう。

シンビジウムはランの一種だそうです。蘭って聞くとなんだか豪華に思えますよね。花言葉は「華やかな恋」「高貴な美人」「誠実な愛情」「深窓の麗人」「飾らない心」「素朴」だそうです。一見華やかそうに見えるのに実は、飾り気のない素朴な感じ?という意味なのでしょうか。かなり好感が持てる花言葉ですね。

Copyright © 2010. All rights reserved. シンビジウム.